不動産価格、今後はどうなる?

野村不動産アーバンネットは8月3日、「住宅購入」に関する調査結果を発表した。調査期間は7月8日から14日、有効回答数は1,310人。

不動産、今は買い時?

「不動産の買い時感」について、「今は買いどきだと思う」「どちらかと言うと買いどきだと思う」の合計は48.1%で、前回より6.8ポイント上昇した。

9

「買いどきだと思う理由」については「住宅ローン金利が低水準」が前回比15.2ポイント増の84.3%となった。以下「購入をする上で税制などのメリットがある」(29.8%)、「今後、不動産価格が上がると思われる」(25.1%)、「自身のライフステージからみて購入タイミングである」(21.1%)となった。

2

「今後の不動産価格」については「下がると思う」(30.7%)となり、「上がると思う」(24.6%)を4年ぶりに上回った。

「住宅購入計画に影響を及ぼしたニュース」については、「日銀のマイナス金利導入に伴う住宅ローン金利の低下」が50.1%、「大都市圏での不動産価格の上昇」が39.4%、「消費税10%への引き上げの延期」が36.3%、「英国のEU離脱に伴う金融市場の混乱」が25.6%となった。

リフォームをしようと思う?

中古住宅購入時に、「リフォームを考えている(リノベーションを含む)」と回答した人は75.8%となった。年代別に見ると、「50代」が81.6%で最多、続いて「60代」が79.7%となった

3

「リフォーム(リノベーションを含む)をしようと思う理由」については、「自分の好みにあったデザインにできる」が66.4%で最多、「新築住宅よりも手頃な価格で購入できる」が59.6%となった。

「こだわりたいポイント」については「生活しやすい間取り」(57.8%)、「内装(床材、壁紙、建具など)のデザイン」「キッチン」(48.1%)、「バスルーム」(45.6%)、「収納スペース」(44.7%)となった。

元記事:マイナビニュース

PERSONAL OPINION

私の私見としましては…

生産年齢人口が著しく低下傾向にある日本国内において人口減少は不動産投資を行う上でマイナス要因であることは言うまでもありません。

しかし、エリアを絞り、条件を整えれば、しっかりとしたインカムゲインを狙うことも可能です。

また、2020年の東京オリンピック開催により、東京は、人口、経済規模ともに世界最大の都市として海外投資家から注目されており、日本の不動産は、アメリカ、シンガポール、香港などの国に比較して、割安かつ高利回りとなっています。

また、東京の不動産は価格、賃料水準共に安定していることから、安定したインカムゲインが得られることも、海外投資家にとって大きな魅力の一つと言えます。

そして、これは海外の不動産においても同様のことが言えます。

現時点で見て、成長が見込める国、割安で高利回りを実現している国は他にも多数存在し、十分な投資対象だと言えます。

目的別にもよりますが、不動産価格の推移を長期的な視点で見ることで今の状況にあった不動産購入を行うことができると思います。

01banner-ad


◇海外投資お役立ちガイドセミナー詳細(参加費無料

次回セミナー開催日:2016年8月18日(木)
先着3名様にQUOカード1,000円分プレゼント!!  ご予約はお早めに

詳細:海外資産運用活用の基礎知識から細かい内容までポイントを分かりやすく解説
定員:10名(希望者多数の場合は先着順になります)
会場:株式会社プレミアバンク東京本社
〒108-6028 東京都港区港南2-15-1 品川インターシティA棟28階
※2016年資産運用セミナー日程はこちらでご確認ください。

海外投資お役立ちガイドセミナー受付専用ダイヤル
フリーダイヤル:0120-266-018

※無料個別相談も随時開催しております。
※正しく知りたい、海外投資の魅力「無料個別相談会」について

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)