なぜ企業は自社セミナーを開くのか?

会社HP、ブログ、SNS等、会社が自社の情報を発信する方法は多岐にわたり、インターネット上で十分に行うことができます。

ではなぜ昨今の情報化社会において、企業は自社セミナーを開くのでしょうか?

それは、セミナーを開催することで「お客さんと直接会える」というメリットがあるのをご存知でしょうか?

今回はなぜ、お客さんと直接会うことが大切なのか、自社セミナー開催のメリットを詳しくお話しします。

20160809ag

1.プロの存在を認識してもらうため

株式会社プレミアバンクでも毎月、無料セミナーを開催しておりますが、セミナーの講師をしている社員は、普段は営業の仕事をしています。

普段の営業職で毎日自社商品を顧客に販売し、他社の商品と比較したり、特徴的な使い方を説明したりもしています。

つまり「専門知識を持っていて、人前でその話をする」ことは、セミナーと同じなのです。「営業されるのは嫌だけど知りたい情報がある」という方は、非常に沢山います。

まずは、身近にプロがいることを知ってもらいましょう。

20160809ad

2.教える側と教わる側の関係を作るため

専門知識や専門技術を教えるための自社セミナーを開催し、講師と参加者という立場を作ることは、業者と顧客の関係ではなく、教える側と教わる側という立場を作ります。

営業トークと、セミナー講師として話すトークが同じだったとしても、聞く姿勢が変われば、聞こえ方も変わります。

そしてセミナーは先生と生徒という役割を作ります。しかも、参加者は自ら生徒になり、目の前にいる講師を先生と思うわけです。この関係は、大きな信頼関係を作るために役立ちます。

20160809ab

3.商品を理解してもらうため

企業が開催する自社セミナーには、明確な目的があります。

それは「自社の商品を理解してもらう」ためです。

セミナーからすぐに営業につなげようとする方もいますが、まずは充実したセミナーを行い、参加者に満足していただく事、それだけで商品購入に対する1つのハードルを超えることができ、お客様自身も納得した上で商品を購入する事ができるのです。

20160809aa

質が高く素晴らしい内容のセミナーができれば、そのセミナー中に、質疑応答時間、商品紹介時間を多めに設けて、さらなる興味関心へつながります。

今回は「なぜ企業は自社セミナーを開くのか?」をお話しさせていただきました。

次回は、大人数のセミナーと少人数のセミナーの違いをご説明いたしますのでどうぞお楽しみに。最後までお読みいただき有難うございます。

01banner-ad


◇海外投資お役立ちガイドセミナー詳細(参加費無料

次回セミナー開催日:2016年8月18日(木)
先着3名様にQUOカード1,000円分プレゼント!!  ご予約はお早めに

詳細:海外資産運用活用の基礎知識から細かい内容までポイントを分かりやすく解説
定員:10名(希望者多数の場合は先着順になります)
会場:株式会社プレミアバンク東京本社
〒108-6028 東京都港区港南2-15-1 品川インターシティA棟28階
※2016年資産運用セミナー日程はこちらでご確認ください。

海外投資お役立ちガイドセミナー受付専用ダイヤル
フリーダイヤル:0120-266-018

※無料個別相談も随時開催しております。
※正しく知りたい、海外投資の魅力「無料個別相談会」について

ぷろ

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)