なぜお金持ちはバーゲンで買い物しないか

1%の超富裕層と99%の一般人

現在の世界は、1%の超富裕層と99%の一般人との差が拡大する「格差社会」です。この超富裕層は、大邸宅に住んで執事を雇い、運転手付きのリムジンで外出する、といった昔ながらのイメージのお金持ちではありません。

現代の富裕層の多くは成功者であり、(1)既存産業でアイデア起業、(2)プロフェッショナル職業で成功、(3)金融や投資で成功、(4)IT関連やネットなど新分野で起業、という4つのパターンにわけることができます。

どのパターンの成功者も、働くことを楽しみ、合間に人生もしっかり楽しむ「ワーキングリッチ」です。彼らにインタビューをすると異口同音に「自分がやりたい仕事に熱中して、気づいたらこうなっていた」と言います。チャンスをつかんで事業や投資で成功し、一瞬で財産を形成している。その後も大きな失敗をせず、財産を維持するか、増やし続けているのです。

元記事:プレジデントオンライン

amazonIMGL0450_TP_V

IN MY OPINION

j須藤順平(@jumpeisudo) 2015年4月に株式会社プレミアバンク入社。2016年1月、グループ会社のalpb realty corporationに移籍。コンサルティング事業部、マーケティングセールス事業部、国際事業部を経て、最年少でalpb realty corporationのディレクターに就任。2017年より経営学を学ぶためにBBT大学に入学。

お金持ちと一般人のお金の使い方の違い

お金持ちの場合、無駄な事にお金を使うことを極端に嫌がり、細かいところまでチェックをします。無駄な手数料などは以ての外、効率の良いお金の使い方を本能的に見極めることが得意です。しかし、ケチなわけではありません。

自分が納得したお金の使い方には、惜しみなくお金を出します。仕事上、経営者の方や投資家の方とご一緒させていただくことが多いのですが、お金の使い方がカッコ良いです。また、時間は有限な事を知っているので、お金で時間を買います。

逆に一般人の場合、無駄な事にお金をたくさん使っています。正しいお金の使い方を理解していないので仕方がありませんが、無駄な手数料や無駄なものを購入している方が多いです。一ヶ月の自分の出費を確認してみてください。

消費か投資か

お金持ちと一般人の違いは、支払うお金が消費なのか投資なのかを考えるかどうかです。例えば、食事の考え方でも違いが現れます。

お金持ちは、食事も将来の自分に対する投資と捉えて、体に良いものを摂取することを心掛けています。それに比べて、一般人は食事をただの消費と捉えます。体に入れば全て同じと考え、カップラーメンやスナック菓子など体に良くないものを毎日食べ続けてしまいます。

若いうちはそれでも良いかもしれませんが、年齢を重ねてくれば体に異変が必ず起こってきます。そうなった時には既に遅く、医療費で高額のお金を失ってしまうことになってしまいます。若いうちにお金を惜しんだ結果です。

全ての一般人とお金持ちが上記で述べたような考え方を持っているわけではありませんが、私が経験した中ではこのような傾向が強かったと判断しています。

b2

「損して得とれ」

Facebookアカウント
https://www.facebook.com/jumpei.sudo.5

Twitterアカウント
https://twitter.com/premierbank0222


◇財務コンサルティングセミナー詳細(参加費無料

次回:2017年11月08日(水)
ご予約はお早めに!!

詳細:資産運用の基礎知識から細かい内容までポイントを分かりやすく解説
定員:10名(希望者多数の場合は先着順になります)
会場:株式会社プレミアバンク東京本社
〒108-6028 東京都港区港南2-15-1 品川インターシティA棟28階
※2017年財務コンサルティングセミナー日程はこちらでご確認ください。

海外投資お役立ちガイドセミナー受付専用ダイヤル
フリーダイヤル:0120-266-018

※無料個別相談も随時開催しております。
※正しく知りたい、海外投資の魅力「無料個別相談会」について

メルマガ配信

株式会社プレミアバンクでは、メルマガ配信サービスを実施しております。最新の金融ニュースや期間限定キャンペーンなどのお得な情報を配信中です。

株式会社プレミアバンク メールマガジン配信サービス

20120104

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)