資産家が信頼できる金融機関担当者とは

2014年8月に電通が行った調査では、資産家が信頼できる金融機関担当者の条件として

  • ●関心・懸念事項について知識が豊富
  • ●金融商品・サービスに係る知識が豊富
  • ●金融専門性の知識やスキルに係る資格を持っている

など挙げており、プライベートバンカーとの親和性が非常に高いとの結果が報告されました。

1

また、優先順位が低いものとしては

  • ●親近感
  • ●金融商品・サービスの推奨・販売
  • ●コミュニケーション能力

などの営業スキルという傾向が見られております。

同調査で金融機関担当者に対するプライベートバンカー資格の保有希望とプライベートバンカー資格保有者への取引優先度のアンケートを行っており、資格保有希望者は6割を超え、取引を優先させる可能性も6割強と

「取引優先は金融機関担当者の資格に関係ない」

とする意見は少ないようです。

金融機関のリテール担当者にとって、プライベートバンキングビジネスの知識を体系的に身につけることで顧客からの信頼も増すことでしょう。


◇海外投資お役立ちガイドセミナー詳細(参加費無料

詳細:海外資産運用活用の基礎知識から細かい内容までポイントを分かりやすく解説
定員:10名(希望者多数の場合は先着順になります)
会場:株式会社プレミアバンク東京本社
〒108-6028 東京都港区港南2-15-1 品川インターシティA棟28階

海外投資お役立ちガイドセミナー受付専用ダイヤル
フリーダイヤル:0120-266-018

※無料個別相談も随時開催しております。
正しく知りたい、海外投資の魅力「無料個別相談会」について

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)