麻生財務相、消費税引き上げ実行を改めて言明

2016年5月4日19時11分

麻生太郎財務相は3日、独フランクフルトで開かれているアジア開発銀行の総会で、来年4月に予定されている消費税率の10%への引き上げについて、「(増税をしないと)世界で最も進んでいるといわれる社会保障制度を維持できない。そう確信して我々はやろうとしている」と述べ、予定通り引き上げる方針を国際舞台で改めて言明した。

麻生氏は、中国の楼継偉財務相やインドネシアのブロジョネゴロ財務相らと「構造改革」をテーマにしたセミナーに参加した。「(増税などの)改革をやると痛みが伴う。それに対して反対が出るのは当然だ」と説明。その上で「やり切るために何が必要か。間違いなく政権の安定、そしてリーダーシップだ。これがないと改革は進まない」と述べ、税率引き上げへの強い意志を示した。

安倍晋三首相も2日、イタリアで記者団に「(予定通り消費増税を行うという)基本的な考え方に変わりはない」と話している。(フランクフルト=奈良部健)
元記事:朝日新聞社のニュースサイト

1

PERSONAL OPINION

私の私見としましては…

対外的、対内的の建前としての意見かと感じます。

今、消費税率の10%への引き上げをしてしまうと、円高になり株価が下がり、マーケットの暴落を引き起こす可能性があるからです。

今後の麻生財務相の動きに注目ですね。


◇海外投資お役立ちガイドセミナー詳細(参加費無料

詳細:海外資産運用活用の基礎知識から細かい内容までポイントを分かりやすく解説
定員:10名(希望者多数の場合は先着順になります)
会場:株式会社プレミアバンク東京本社
〒108-6028 東京都港区港南2-15-1 品川インターシティA棟28階

海外投資お役立ちガイドセミナー受付専用ダイヤル
フリーダイヤル:0120-266-018

※無料個別相談も随時開催しております。
正しく知りたい、海外投資の魅力「無料個別相談会」について

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)