ネット販売が後押しか「スマホ、9か国で首位」

「今後3年以内に買いたい製品・利用したいサービス」では、9カ国でスマートフォン(スマホ)が首位になった。格安端末の登場などでスマホが急速に普及する中、若者たちが憧れるのは米アップルの「iPhone(アイフォーン)」や韓国サムスン電子の「ギャラクシー」など高機能な端末だ。

通信網の整備で動画視聴など利用の幅が広がったことも消費欲を刺激する。

タイでは今年から本格的に始まった高速・大容量の第4世代(4G)通信が買い替えを後押しする。

買いたい製品・利用したいサービスの調査では、フィリピンのみ首位が車だった。10か国平均では首位スマホに次いで、パソコン、車、海外旅行、国内旅行の順だった。

元記事:日本経済新聞

20160524aa

PERSONAL OPINION

私の私見としましては…

日本・中国を含むアジア10カ国の主要都市に住む20代の男女若者の消費動向の記事がでていました。

3年以内に買いたい物1位は、フィリピンを除く9カ国が「スマホ」でした。フィリピンは「車」でした。2位は、車5カ国、パソコン2カ国、バイク1カ国、国内旅行1カ国(日本)でした。(他詳細は記事をご覧ください。)

若者の欲しい物が、各国ほとんど共通しているのが非常に面白いですね。しかも、ネット通販で購入していて、週1回の利用はあたりまえで、特に中国・韓国では2~3回程度利用する人が6割を超えているのがすごいですね。ネット通販恐るべしです。

◇ちなみに経済大国アメリカでは…

4月の米経済指標の小売り売上高を見ると、前月比+1.3%で特にネット販売の無店舗小売りが+2.1%と、大幅な伸びを見せていますね。

アマゾン・ドット・コムの株価は、5/12(木)に722.4ドルの市場最高値をマークしています。対照的に大手百貨店のメーシーズやノードストロームの株価は、昨年高値の半分以下でした。


◇海外投資お役立ちガイドセミナー詳細(参加費無料

詳細:海外資産運用活用の基礎知識から細かい内容までポイントを分かりやすく解説
定員:10名(希望者多数の場合は先着順になります)
会場:株式会社プレミアバンク東京本社
〒108-6028 東京都港区港南2-15-1 品川インターシティA棟28階

海外投資お役立ちガイドセミナー受付専用ダイヤル
フリーダイヤル:0120-266-018

※無料個別相談も随時開催しております。
正しく知りたい、海外投資の魅力「無料個別相談会」について

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)